999999999

RADIO RIOT vol.02

999999999
SPECIAL INTERVIEW

MYC RIOT VOL.01にて激情のLIVEを魅せてくれた999999999。
高速パンクサウンドに極上のダブ。
そして強烈なLIVEで、ここ1、2年のROCKをシーンかき回している彼らにMYC RIOTについて、
そしてROCK BAND "999999999" について話を聞いた。
楽しい雰囲気の中、まっすぐなメッセージを聞かせてくれた。

MYC :すでに人気バンドですが、今回のMYC RIOTで初めて聴いて知ったって方もいると思いますので、
999999999の紹介をお願いします。

VOLT :数字の9を9個書いてキュウと読みます。ボーカルのVOLTです。

RYOCHI :ベースのRYOCHIです。2人合わせて

RYOCHI & VOLT :999999999です。

一同 :(失笑)

RYOCHI :今日はドラムのYAMAUCHIとギターのUCがいないですが、普段は4人でやっています。

999999999

後で反省するぐらいテンション上がった。

MYC :MYC RIOT、ありがとうございました。出演してみた率直な感想をお願いします。

VOLT :とんでもない空間でした。初めての体験。

RYOCHI :出る前から、HARLEMでハードコアってのと、

VOLT :いたるところで見るフライヤー。

RYOCHI :その時点でテンションぶち上がってたな。俺なんかLIVE中ほとんどベース弾けてなかった。

一同:(笑)

RYOCHI :後で反省するぐらいテンション上がった。

VOLT :RYOICHIさんのLIVEのあの感じは、あんまり見た事ない。

RYOCHI :わかりやすくテンション上がったな。

VOLT :MYC RIOTに関してはあの場がテンションを上げてくれた。
なんかホント、演者としてはめちゃくちゃ嬉しかった。

RYOCHI :俺らだけやなくて他のバンドもね。絶対上がるよね。ほら2回目も。

VOLT :2回目遊びに行ったらさらにすごくて。

RYOCHI : 自分ら出た時もやったけど、すでにMYC RIOTにしかない空気が溢れてる。
出ても出てなくても、どっちにしろ楽しい。
いろいろ遊びに行きますけど、なかなか無い。上げすぎ?(笑)

MYC :最高です(笑)

一同:(笑)

VOLT :悪いとこ一個言わせてもらえば、彼女は連れて行きたくない。

一同 : (爆笑)

RYOCHI :でもさMYC RIOTはゴリゴリのカルチャーイベントやけど、
ファミリーめっちゃおるやん。子供から。

VOLT :めちゃくちゃピース。

RYOCHI : スケーターの男の子、お母さん。共存しててみんな楽しそうにしてるのヤバいね。 インタビューの話もらって、それは言いてぇなって。
ハードコアバンドとか出てて盛り上がってるイベントはいっぱいあると思うけど、ファミリーも楽しめるちゅうのはなかなかない。
やろうと思ってもできることじゃない。運営側の人柄なんじゃない?

MYC :ありがとうございます。

999999999

スタジオでラモーンズのカバーをさ、「HEY HO! LET’S GO!」ってやってるぐらいやった。

MYC :999999999はどういった経緯で結成したのですか?

RYOCHI :それこそ俺とVOLTは、地元福岡の公園でスケボーしてた時に会ったのが最初。
みんなそこに溜まったりスケボーしたりしてて。こいつは(volt)公園の目の前に住んでて。

MYC :そうすると付き合いは長いのですか?

RYOCHI :長い長い10年以上ぐらいかな。でもバンドは一年半ぐらい。

MYC :VOLTさんは初めてのバンドなんですよね?

VOLT :バンドの経験はなくて、999999999が初めて。

MYC :ボーカルやってみてどうですか?

VOLT :めちゃくちゃおもしれい!
もうなんか、捧げたい! 全てを...

RYOCHI :正直、最初ガッツリやるようになるなんて思ってなくて。
ちょっとスタジオでラモーンズのカバーをさ、「HEY HO! LET’S GO!」ってやってるぐらいやった。
ほんと高校生みたいな。
メンバーが一応決まり1発目のLIVE決まって、そっからバタバタでした。

999999999999999999
999999999

CLASHとかからレゲエを好きになって、BOB MARLEYを好きになってダブとかも聴くようになる。

MYC :自分たちで感じている99999999の音楽性ってどんなものですか?

RYOCHI:ざっくりダブと早いパンクソング。
リスペクトBAD BRAINS方式。
大先輩の、それを自分らなりに今の感覚でやれたらいいなと。



MYC :BAD BRAINSはUSですけど、昔のUKはクラブでパンクとレゲエが一緒にかかってたじゃないですか?そういったこととかも影響受けていたりするんですか?

RYOCHI :俺が一応バンドの言い出しっぺで、曲も作っていて、もともとパンクが好き。
やっぱパンクをずっと聴いてると、CLASHとかからレゲエを好きになって、BOB MARLEYを好きになってダブとかも聴くようになる。
音楽的な特徴は違うけど、アティテュードは一緒みたいな。

MYC :最初からBAD BRAINSを意識したハードコアパンク/ダブをやろうと考えてました?

RYOCHI :いつかパンクバンドもやりたいし、ダブもやりたいと思っていて。
999999999やり出して速い曲ばっかり作ってたんやけど、これLIVEで30分持たんやろうなって。
セットリスト的にも、体力的にも無理やろうって。
それでスタジオで『ダブやってみたらええんやない?』ってやってみたら、
『あーこれや』ってなった。
だからホントは最初からダブとハードコアパンクやろうってそうゆう感じではなかった。

MYC :ダブセクションめちゃくちゃ気持ち良いですよね。

RYOCHI :あれが挟まれるのがありがたいってみんな言ってくれる。
それ以外の曲がだいたいBPM180、190ぐらいやもんね(笑)。

999999999

やっとバンドとしてまとまって来て、
それぞれ個性も出て来たかな。

MYC :それぞれ好きなバンドはなんですか?

VOLT :THE MAD CAPSULRE MARKET’S!

RYOCHI :VOLTはほんと999999999を始めるまで、古いパンクとかハードコア聴いたことなくて、それこそジャパニーズHIP HOPとミクスチャーとかかな、

VOLT :メロコアとか。うんハイスタ。

RYOCHI :で俺は割と色々聴くけど、やっぱりBAD BRAINSは好き。

MYC :ROCK聴くきっかけになったバンドは誰ですか?初期衝動を与えられたような。

RYOCHI :やっぱ世代的にはハイスタかな。そこはVOLTと共通。

MYC :他のメンバーもですか?

RYOCHI :そこはね、バラバラ。ドラムはどっちかというとメタル。
ギターはLUNA SEAとかかな?勝手なイメージ(笑)。

MYC :バンドとしての音の混ざり方良いですよね。

RYOCHI :そうね。やっとバンドとしてまとまって来て、それぞれ個性も出て来たかな。
最初は俺が書いて来たやつをそのままやってたけど、けっこう今はスタジオで変えてるね。

999999999

ダブなら自分で作ったデモを部屋でかけてみて、腰砕けになるまでやったらOKみたいな。

MYC :曲作りのポイント教えてください。

RYOCHI : 最初は誰かみたいな曲作ろうと思って作るんよ、結構具体的に。
それで形になってきたら、気がついたら全然そうなってない(笑)。
そうなる時もあるんやけど、そうゆう時はメンバーに『まんまっすよっね』っていわれることもある。そんな感じかな?
あとは家で作って、『ウェァァ~!!』ってなるっちゅうか、テンションぶち上がったりとか。
ダブなら自分で作ったデモを部屋でかけてみて、腰砕けになるまでやったらOKみたいな。

VOLT :第一次審査は通過(笑)。

RYOCHI :そうなって持って行ってもみんな納得しないこともあるけどね。

MYC :そこが一番、恥ずかしいですよね。LIVEよりも。

RYOCHI :嘘でも反応してくれよみたいなとこあるよね。
でも俺はそこは気にしないようにしてる。
メンバーの顔色伺ってたら何もできないと思って。
気にするけどなるべく気にしないで作ろうと思ってる。

MYC :数出すタイプですか?選りすぐりを出すんですか?

RYOCHI :結構バンバン作って、ワンフレーズだけとかでもスタジオでやってもらう。で形にしていく。

999999999

ヴァイブスだけで行って跳ね返されてステージへ戻る。

MYC :話は変わりますが、VOLTくん、今日のインタヴューでは脱がないんですか?

VOLT :えええっ?

MYC :脱ぎ待ちだったのですが?

RYOCHI :え、今?

MYC :いつもLIVEの後半、脱ぐじゃないですか?

VOLT :脱いだ方がいい?

RYOCHI :最後の締めに脱いどく?

VOLT :どうするんすか『あいつ脱ぐのビジネスだ』って言われたら(笑)。

MYC :999999999はLIVE良いですよね。
側から見てて身長あるのってステージで映えるなと感じました。

RYOCHI :でもVOLT痩せてるから客席行くと吹っ飛ばされて帰ってくる(笑)。

VOLT :フィジカルがめちゃくちゃ弱いの....

RYOCHI :ヴァイブスだけ。

VOLT :ヴァイブスだけで行って跳ね返されてステージへ戻る。

RYOCHI :よく見る(笑)。

999999999

We are 999999999 from KYUSHU, base in TOKYO JAPAN.

MYC :これからのバンドシーンをどういう風にしていきたいですか?

RYOCHI :999999999でかき回すっちゅうか、無茶苦茶にできたらな!

MYC :99999999の活動について教えてください。今年はLIVEが多いですよね?

RYOCHI : おかげさまで、LIVEは年末まで月2~3本やってるんでSNS等でチェックしてもらえればと。
あとEPが出ます。10月2日。
タイトルは『reorganaize』、5曲入り。
今からバタバタレコーディングしてやろうと思っているので、そいつをチェックしてもらいたなと!
あとなんかあるかな?それぐらいかな。

MYC :ファンの皆様に一言お願いします。

VOLT :俺たちが999999999です。
いつもありがとうございます。おかげさまで好き勝手やらせてもらっています。
ギグも決まっているので、これからもお願いいたします。
We are 999999999 from KYUSHU, base in TOKYO JAPAN.
よろしくおねがいしまぁぁぁぁぁす!!!

RYOCHI & VOLT:ぁぁぁあぁぁ~

999999999

999999999

Vo. VOLT / Gt. UC / Bs. RYOCHI / Dr. YAMAUCHI

2017年、東京で結成。
「High-Speed & Dopeness」を掲げ、Old School Hardcore/Punkを軸に、雑食性の高い楽曲を展開。
バンド名 999999999(キュウ)は、メンバー全員が九州出身であることに由来する。
都内を中心に活動を重ね、2018年3月に自主制作音源をリリース。
同年5月には下北沢SHELTERにて初の自主企画イベント「9vement」を敢行。200人規模の動員を記録し、その存在感を示す。
2019年5月には、「9vement×歌舞伎町爆音祭」を開催。
シーンやジャンルに固執しない柔軟かつ貪欲な姿勢で、加速度的な進化/深化を遂げようとしている。
We are 999999999 From Kyushu, Based in Tokyo. 9を描く渦が一切を掻き廻す。

番外編   999999999から見たGASMARIA

VOLT :野獣。野獣なんだけど、なんかこう、知的さ?もあるんですよ

RYOCHI :いや知的さはないかな(笑)。ある?

VOLT :あるっす。ちょっとこう、匂わせてくる。

RYOCHI :最初見た時羨ましいなと思った。単純に。
ほんと昔から『友達でノリでやってるの?』みたいな。ノリでやってるだけじゃないとは思うけど、普段から『この感じでやってます』っていうバンドが意外といるようでいなかった。
日本語でやってるのに海外のバンドみたいな蒸せ返るストリート臭があるよね。

VOLT :あぁ~ある。めちゃめちゃかっこいい。

RYOCHI :だから、GASMARIAとして今日はどうだったとかあるやろうけど、俺からしたらほんと関係ない。正直。
あのメンバーでやってる事がかっこ良いみたいなのところあるよね。

VOLT :一回新宿LOFTのバーステージで一緒になった時、全然客の反応がなくて、HIDEYAくん寝そべった時とか。

RYOCHI :それコミでOK。

VOLT :その後WALL(初台)でやったんだっけ?その映像観たら『うわぁこれや』みたいな!

RYOCHI :GASMARIAがミカサさんとMYC RIOTやってる。
それもほんとカッコ良い。すげぇなと。協賛もすごいじゃないですか(笑)。

999999999

RYOCHI :普通バンドでこんなことできるの?同じことやろうと思ったらできるのか?
俺たち話したもんね、『イベントやるか』となったとして、GASMARIAと同じことやろうとしてもそれは絶対にできんし。
MYC RIOTの時、イチヤナギさん(187)とHIDEYAくんにゲストで”Kick Out The Jams”演った時、めちゃくちゃ楽しかった。
スタジオもLIVEも。一番びっくりしたのはHIDEYAくんがちゃんと歌詞を考えてスタジオに望んだ時。

一同: (爆笑)。

VOLT :あれはやばかった。

RYOCHI :真面目か!?と。
それも歌詞がド直球な良い歌詞やったんよ。

VOLT :『俺は俺のやり方でやらせてもらうぜ~♪』ってね(笑)。

一同: (爆笑)。

HIDEYA :いや!歌詞送ってもらったんですけど英語で上手く歌えなかったんですよ。
だからそのまま俺のやり方でやらせてもらったっす(笑)。

RYOCHI :それにしてもよ(笑)。
イチヤナギさん(187)のシャウトもね。

VOLT :『ボーウォーウォー』ゆうて最高やった(笑)。

一同: (爆笑)。

終わり

MYC RIOT

HARDCORE / PUNK / ALTERNATIVE
/ MIXTURE SOUND/ SKATEBOARD
REVIVAL MAKE CULTURE
AT CLUB HARLEM

bgbg